子供,成長,遅い

うちの子供って成長が遅い…?そんなママの心配を解決する方法をご紹介!

子供の成長は本当に早いですよね!少し前まで乳児だと思っていたら、あっという間に歩き出して、自分でご飯をパクパク。
ちょっとしゃべり始めたと思ったら、どんどん言葉を覚えて会話も成り立つように。背もどんどん伸びていって、服の買い替えも大変ではないでしょうか?
幼稚園や保育園に入園すると、外の世界との繋がりも深くなってお友だちもでき始め、いつの間にか小学校へ。

 

子供の成長を見守るのはママやパパの醍醐味の一つ。愛する我が子の変化に一喜一憂している日々をお過ごしの事でしょう。

 

そんな中、同年代のお友だちができ始めると、「うちの子供って成長が遅いかもしれない」と考えてしまうママやパパがいらっしゃいますよね?
お友だちと比べて身長が低かったり、言葉がたどたどしかったり。
ネット社会となった今では、子育てに関するサイトや記事を眺めていてもそう感じてしまう事もありますよね。

 

私も子供の頃は同年代では身長が低く、整列すると前から一番か二番目でした。
保育園から小中高、全てそんな感じ…。両親も身長は低かったので、遺伝かと諦めながらも密かに身長が伸びる方法を調べながら、いろいろ実践していました。大人となった今でも160cm少々の身長でストップ。両親も牛乳をしきりに飲ませたりしていたので、今になって思えば気にしていたのかも。

 

子供の成長が遅いと心配しているママやパパへ、心配を解消できるような情報をまとめていきたいと思います!

 

 

 

子供のために知ってほしい!成長に繋がる栄養素総まとめ!

うちの子供って成長が遅い…?そんなママの心配を解決する方法をご紹介!

 

 

子供の成長には食事は最も重要です。特に成長期の子供は体をどんどんつくっている真最中!
バランスの良い栄養を摂る事で、体のいろいろな部分の材料にしなければなりません。
材料がないとものはつくられませんよね?体も全く同じです。1日3食バランスの良い食事をしましょう。

 

子供の成長に繋がる重要な栄養素をまとめますので、普段の食事と比べてみましょう。
成長が遅いと心配される方の中には、栄養素が十分摂れていない可能性も…。

 

 

タンパク質

 

筋肉をはじめとし、体全体をつくるために必要な栄養素です。骨が伸びるのにも必要という事は知っていますか?
成長には欠かせない成長ホルモンの分泌も促す作用もありますので、子供にはしっかり摂らせたい栄養素です。

 

主な食品としては「肉類・魚介類・卵・大豆製品・乳製品など」です。

 

 

炭水化物

 

体を動かすエネルギーになる栄養素です。
ダイエットの経験がある方だと太る原因になるなど、良くないイメージもありますが、子供の成長には欠かす事ができません。
炭水化物が不足すると、体や脳を動かすエネルギーとしてタンパク質を消費してしまうのです。
前述の通り、体づくりに必要なタンパク質がエネルギーとして消費されれば、体づくりが滞ってしまいますよね?炭水化物もしっかりと摂りましょう!

 

主な食品としては「穀類・砂糖など」です。摂り過ぎは肥満の原因にもなりますので、適度に摂取する事に注意して下さい。

 

 

カルシウム

 

丈夫で健康な骨や歯をつくる栄養素として有名ですね。人の骨は日々壊して作る事を繰り返しています。
また、子供の骨は大人の骨と比べて柔らかくできています。子供の頃に骨をつくる材料をしっかり摂る事で、骨を大きくしていきます。

 

主な食品としては「乳製品・小魚・エビなど」です。

 

 

ビタミン類

 

ビタミンA・C・Eは免疫力を高める効果があり、血管を丈夫にしてくれます。「緑黄色野菜・果物・魚卵」に多く含まれています。

 

ビタミンB群はタンパク質や炭水化物の働きを助けてくれます。体づくりや手伝ってくれるという事ですね。「肉類・大豆製品・緑黄色野菜」に多く含まれています。

 

ビタミンDはカルシウムの働きを助けてくれます。「魚」に多く含まれており、骨づくりの手伝いをしてくれる栄養素ですね。

 

 

 

発見!背が伸びる子には共通点がある!

うちの子供って成長が遅い…?そんなママの心配を解決する方法をご紹介!

 

 

背が伸びる子供にはいろいろな共通点があります。有名なもので両親の身長が高いと子供も高いという「遺伝」に由来する説ですね。
一部の研究では「栄養30%、遺伝20%、運動20%、環境20%」という結果が出ているそうです。
20%というと高くはありませんが、低くもないですよね?私はやはり遺伝だったのか…。

 

遺伝という要因以外にも実はいろいろな共通点があるのです。
子供のお友だちや自分自身が子供の頃を思い出してみて下さい。意外に納得できる共通点がたくさんあります。

 

 

睡眠をたくさんとっている

 

 

睡眠中には子供が成長するのに欠かせない成長ホルモンが分泌され、壊れた細胞を修復してくれます。
骨などは壊して作る事を繰り返すと言いましたよね。「寝る子は育つ」とは昔から言われていましたが、間違いではないのです。
睡眠はしっかりとるようにしましょう。

 

外で遊ぶ、運動が好きという子は体を動かした分、疲れをとるためにぐっすりと眠れます。
太陽光を浴びる事により体内でビタミンDが作られるそうで、骨の成長も助けてくれます。睡眠を摂るためにも、外で遊ばせるようにしましょう。

 

 

よく食べる

うちの子供って成長が遅い…?そんなママの心配を解決する方法をご紹介!

 

 

私が幼稚園から小学校にかけて同じくらいの身長だった友だちが中学校以降、急成長をしていました。その友だちは私の倍くらい量のご飯を食べていました。

 

前述でもありましたが、しっかり食事をして栄養素を摂る事は成長する上で最も重要です。
肉や炭水化物が好きな子はタンパク質・炭水化物など必要な栄養素を必然的に摂る事になるので、背が高くなる。
早食いだと満腹中枢が刺激される前にたくさん食べるので、背が高くなるという事もありえますね。

 

但し、偏った食事や早食いは体にも悪いのであまりおすすめはできません。それならば必要な分の栄養をしっかりとバランスよく摂る事に注視すべきです。
私も比較的早食いだったのですが、いまいち伸びずにいますからね。

 

 

運動やスポーツをする

 

バレーボールやバスケットボールを始めて背が伸びる子供は多くなかったですか?私の周りにもたくさんいました。
「どうした!?」というくらい身長が伸びた友だちもいましたね。

 

背が伸びる要因として、骨の先端が壊され、直され、新しくなりを繰り返す事があります。
ジャンプすると縦の方向に力が加わり、骨を刺激する事になり、十分に栄養素を摂る事でどんどん骨が作られるというわけです。

 

他にもしっかりストレッチをする事で筋肉をほぐしたり、鉄棒にぶら下がる事で骨の成長を促すといった事も考えられます。
運動やスポーツは成長に密接に関わっているのです。

 

 

 

まとめ

 

 

「うちの子供って成長が遅いかもしれない」と心配になるのは当たり前の事です。
「発達障害」を持っている可能性もゼロではありません。考えれば考えるほど、心配は増していくものです。

 

だからと言って愛する我が子には変わりはありませんよね?
ずっと背が低かった私も愛情はしっかりと与えられ、受け取って成長する事ができました。ちょっとコンプレックスはありますが、その程度です。

 

心配する事はありません。背が低いのも個性の一つです。生活の中で困った事もあれば、逆に助かった事もたくさんありました。

 

ここまでまとめた情報も、実践できる事はたくさんありますよね?
子供の成長を見守り、少しでも背が高くなってほしいと考ているのならば、できる事や今までできなかった事を実践してあげてください。

 

⇒子供の成長を助けるセノビー!その効果検証