子供,身長,伸びない

子供の身長が伸びない…。そんな不安なママがするべき行動はコレ!

子供の身長が伸びない…。そんな不安なママがするべき行動はコレ!

 

 

「うちの子供の身長が伸びないなぁ・・・」

 

我が子に同年代の友だちができ始めた頃から、そう考えてしまうママは増えてくるのではないでしょうか?
身長を比べる相手が身近にできると背の小さい子供は目立ってしまうもの。

 

それが我が子だと、とても心配になってしまいますよね。
「成長期が遅いだけかな?」
「親の遺伝で背が低いのかな?」
「このままだったらどうしよう・・・。」
「もしかすると何かの病気かも・・・。」

 

友だちが増える事は嬉しい事だと思いますが、反面、心配事が増えてしまう事もありえます。
愛する我が子の事ですから、何よりも不安を感じてしまうのも当たり前の事。
考えれば考える程、不安は広がるばかりではないでしょうか?

 

そんな不安を抱えるママ必見!すぐにでも子供の身長を伸ばせるように行動できる方法をご紹介します!

 

 

 

子供の身長を伸ばすにはコレがいい!

 

 

子供の身長を伸ばすためにママができる事をまとめていきます。
我が子の身長が伸びないと悩んでいるママは普段の生活と照らし合わせてみて下さいね。

 

子供の多くは親の生活習慣に似た生活を送るようになると言われています。親の真似をして子供は育ちますからね。
同じ屋根の下で暮らしていれば当たり前の事!心当たりがある項目は家族で取り組みようにすると効果的ですよ。

 

 

しっかりとした睡眠を取りましょう

 

身長を伸ばすためには睡眠が非常に重要です。背が伸びる子供に多いのはよく寝る事!
我が子はしっかりと睡眠を取っていますか?ママやパパと一緒に夜更かしをしていませんか?

 

夜、しっかりとした睡眠を取るためには眠る2時間前までに夕食を済ませる事が必要です。
テレビやパソコン、スマートフォンなどの光を発するものを見ていると、中々寝付けなくなってしまいます。
日付が変わっても起きていてはいけませんね。目安としては22時までには眠れるような環境を作ってあげましょう。

 

 

バランスの良い食事を摂りましょう

 

子供の身長を伸ばすためにはバランスの良い食事は欠かせません。大人の体と違い、子供は日夜、体を作り続けています。
成長期ならば尚更!バランスの良い食事を摂る事はしっかりとした材料を子供の体に供給しているという事です。
逆に材料が不足すれば、作れるものも作れなくなってしまいますよね。

 

たくさん食べる事ももちろん大事ですが、偏った食事では不足する材料が出てきてしまいます。
栄養素の働きから分類された食品群は毎日摂れていますか?改めて考えてみましょう。

 

 

「農林水産省 実践食育ナビ 食事バランスガイドと従来の分類法との関連 三色食品群」
三色食品群
栄養素の働きから、3つのグループに分けたもの。
赤 体をつくるもとになる    肉、魚、卵、牛乳・乳製品、豆など
黄 エネルギーのもとになる   米、パン、めん類、いも類、油、砂糖など
緑 体の調子を整えるもとになる 野菜、果物、きのこ類など

 

六つの基礎食品群
・1群…魚、肉、卵、大豆、大豆製品
・2群…牛乳・乳製品、海藻、小魚
・3群…緑黄色野菜
・4群…淡色野菜、果物
・5群…穀類、いも類、砂糖類
・6群…油脂、脂肪の多い食品


http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/zissen_navi/balance/guide.html

 

 

適度な運動をしましょう

 

適度な運動をさせる事も身長を伸ばす上では効果的ですよ。なぜならば、身長を伸ばす大きな要因が「骨」にあるからです。
子供の骨の先端には「骨端線」と呼ばれる軟骨のような組織が密集した部分があります。
その分が生活の中で破壊と再生を繰り返す事で骨が伸び、それに伴い身長が伸びるのです。

 

適度な運動をする事で、骨の破壊を促し、バランスの良い食事で骨が再生されるのです。
もちろん、激しい運動は怪我の原因になりますので、子供の体に合った運動がおすすめですよ。

 

 

 

子供の身長が伸びない理由はコレかも!?改善すれば成長期到来!?

子供の身長が伸びない…。そんな不安なママがするべき行動はコレ!

 

 

上述した「睡眠」「食事」「運動」にはある共通点があります。
それは「成長ホルモンの分泌を促す!」という事です。

 

子供の身長が伸びない最も有力な理由は、十分な量の成長ホルモンが分泌されていない可能性がある事です。
成長ホルモンは代謝を促し、骨を伸ばす働きや筋肉などの組織を発達させる効果があります。
成長ホルモンが不足すると、これらが行われなくなってしまうのです。

 

睡眠時には最も成長ホルモンが分泌されると言われています。
また、22時から翌2時までの間は成長ホルモンが最も分泌されると言われている時間帯です。
これらを掛け合わせるように睡眠を摂る事で睡眠による成長ホルモンの分泌を最大限に生かす事ができますね!

 

 

食事は体に必要な栄養を摂る事も重要ですが、成長ホルモンの分泌を促す食品を意識すると、より効果が期待できます。
具体的には牛乳・乳製品や大豆製品、魚介類の一部(甲殻類や赤身の魚)に成長ホルモンの分泌を促す栄養素が含まれているのです。
バランスの良い食事を心がければ自然に摂取できますよね!

 

運動をする事でも成長ホルモンの分泌が促進されます。
他にも運動をする事で、疲労による眠気や空腹が促されますよね?睡眠や食事との相乗効果も期待できるのです。
上述した「骨端線」への刺激も合わせ、身長を伸ばすには運動も欠かせませんね。

 

さらに成長ホルモンの分泌は成長期が最も多く、一般的には思春期に成長期が到来すると言われています。
もちろん成長期の到来には個人差があり、医学的には「骨端線」がある内は成長期に当たるそうです。

 

成長ホルモンの分泌を意識した生活を送る事で成長期のような身長の伸びが訪れるかもしれませんし、成長期にぐんっと身長を伸ばす事も夢ではありませんね!

 

 

 

まとめ

 

 

子供の身長が伸びない事には遺伝が関係している場合や、障害の可能性もゼロではありません。
本当に心配な方は一度、専門医の診察を受ける事も一つの手です。一方でご紹介してきた、すぐにでも実践可能な方法もあります。

 

子供の成長には必ず個人差があります。私は幼少の頃から成人した現在まで、日本人の平均身長を超える事は一度もありませんでした。
私より低かった友人が中学で一気に身長が数十cm伸びた事もありましたし、逆に中学からほとんど身長が伸びていない友人もいました。

 

個人差は言い換えれば個性と言えませんか?子供の個性の一つとして捉えても良いのではないでしょうか?身長の低い私はそう思います!
それでも子供の身長が伸びない事で心配されるママは、是非、紹介した方法を実践してみて下さい。

 

子供の身長が伸びない?悩んでるママへの救世主!セノビーとは?